一般歯科

ホーム>よくあるご質問>Q&A

診療のご案内

医院のご案内

医院のご案内

医院のご案内

Q&A

矯正歯科

Q.何歳ごろに相談したらよろしいのですか?

症状によって、治療開始時期が違ってきます。気づいた時点で、なるべく早く専門医に相談されることをお勧めします。

Q.大人で治療できますか?

大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。

Q.治療期間と費用はどのくらいですか?

症状によって、また治療内容によって期間や費用は異なります。本格的な治療においては、ふつう月に1ないし2度程度の通院で1〜3年ぐらいかかり、治療後1年程度は保定のための通院が必要です。また、支払い方法はご相談ください。

Q.矯正治療にはどのくらいの通院が必要ですか?

治療開始までに、検査、診断、歯みがき指導などで3〜4回。口の中に装置が入った場合、だいたい月に1〜2回程度です。予約日を守ることは、早く治ることにつながります。決められた通院日には、忘れずに来院しましょう。

Q.歯ならびを治すために、歯を抜くことはありますか?

きれいな歯ならびにするために、特にでこぼこがひどい場合は、歯を抜くこともあります。抜いた所の隙間が残ることはありません。

Q.口の中に装置を入れると、痛くありませんか?

初めて装置をつけたときは、3〜4日、歯が浮いたような痛みがありますが、1週間程度で慣れます。

Q.歯みがきは、今まで通りできますか?

矯正装置を入れているので、汚れがつきやすくなります。教わった方法でていねいに歯みがきをしてください。歯みがきによって装置がこわれることはありません。

Q.矯正治療中、むし歯ができたらどうなりますか?

むし歯ができてしまうと、治療途中でも装置をはずしてむし歯の治療をしなければいけません。そうすると治療期間が長びいてしまいます。ですから、むし歯にならないように、教わった方法で正しくていねいにみがきましょう。

上に戻る

インプラント治療

インプラントの治療は?

・インプラント(人工歯根)をあごの骨に埋める
・その上に人口歯をとりつける

の二つの過程があります。
手術を一度に行う1回法タイプと2段階に分けて行う2回法タイプがあります。どのタイプに適するかは、その方のお口や体の状態により違います。

Q.手術は痛かったり、腫れたりしませんか?

一般的に抜歯する程度の痛みです。多少の痛みや腫れを生じる場合もあります。

Q.手術の際は、入院が必要ですか?

手術後の安静は必要ですが、入院を必要としません。

Q.治療期間はどのくらいかかりますか?

使用するインプラントの種類、インプラントを植える箇所で違いますが、4〜12ヶ月程度です。上あごの方が治療期間は長いです。

Q.インプラントの噛みごこちは?

自分の本当の歯とほぼ同じような感覚で咬むことができます。

Q.誰にでもインプラントは可能ですか?

顎の骨の太さや形状により不可能な場合があります。また、きちんとブラッシングのできない方は不適応となります。ご相談ください。

Q.糖尿病などの病気がありますが、可能でしょうか?

病気により手術ができない場合がありますので、詳しい病状を教えてください。

Q.何才くらいまでインプラントは可能でしょうか?

一般的に成長期の患者さんには行いませんが、80才以上の最高齢でも行われているケースもあります。

Q.治療費はどれくらいかかりますか?

植える本数やお口の中の条件、取り付ける人工歯の種類などで総額が異なります。
健康保険に適用されていませんので、一般的にブリッジや義歯に比べ高い治療費になります。詳しくはご相談ください。

チタンは安全ですか?

チタンはたいへんさびにくい金属で、体の中でも安全(生態親和性が高い)です。金属アレルギーもおこしません。そのため人工関節や人工骨などの素材としても使われます。現在のインプラントは純チタンかチタン合金製です。

インプラント治療で大切なことは?

インプラントは人工物です。定期的な歯科医院でのチェックとクリーニング、そして家庭での毎日のお手入れが欠かせません。世界的には、25〜30年以上持っている例もあります。インプラントの成功には、患者さんの協力とご自身の努力が必要になります。

上に戻る

抜歯

歯を抜くことも小さな手術です。
傷の回復を妨げないよう次の事柄に注意してください。
※下記の事に注意しても、尚且つ異常が感じられる時には直ちに当院にご連絡ください。

痛みについて

個人にもより痛み加減は変わります。
麻酔が切れた後、痛むことがありますが、その際には当医院で出された鎮痛剤を服用してください。尚、鎮痛剤を服用した際は、まれに眠気をもよおす事があるので、車の運転は避けてください。

出血について

2〜3時間後に、傷口よりにじみ出る程度の出血があっても心配する必要はありません。その際には、清潔なガーゼでそっと傷口の周囲を拭き取り、小さくたたんだガーゼを傷口の所にあて、約30分程度強く噛んでください。
又、唾液は飲み込んでも構いませんが、傷口を吸ってツバを吐かないようにしてください。

腫れについて

抜歯後には少しはれぼったく感ずる事がありますが、その際には冷たいタオルなどで軽く冷湿布してください。

飲酒・激しい運動・入浴について

以上の事は血管を拡張させ、出血させやすくなるので抜歯した当日は飲酒・激しい運動・入浴は避けましょう。
※下記の事に注意しても、尚且つ異常が感じられる時には直ちに当院にご連絡ください。

食事について

完全に止血した後には、充分に栄養をとる必要があります。始めに半熟卵、ひき肉、オムレツ、ミルク、ポタージュなどの柔らかくて栄養価の高い食事がよいでしょう。また、休養を充分にとりましょう。

口腔衛生について

せっかく出来た血のかたまりが取れたり、血が固まるのをさまたげる為、抜歯した当日は強くうがいなどをしないようにして下さい。

麻酔後の注意について(お子様の場合)

子供さんの場合には麻酔により唇がマヒしている場合がありますので、誤って噛んだりしないように気をつけてあげてください。

上に戻る

入れ歯を入れた後

入れ歯に慣れるまでは?

今まで何も無いところに入ったので、きっと邪魔になるはずです。
二日間くらいはとても気になるかもしれません。でも、舌をそこにやらない限り、邪魔だとは感じないわけです。少し我慢をして早く慣れるようにしてください。
当初は話がうまく出来にくいかもしれません。そんな時は大声で何かを読む練習をすることで次第に慣れて、うまくなるはずです。
物がうまく咬めないこともあるでしょう。これは入れ歯が入る前の習慣的な咬みかたをしているためです。新しい「入れ歯」に対しては、咬みかたも再訓練しなければならないのです。はじめは柔らかいものをゆっくりと奥歯で咬む練習をして下さい。

「入れ歯」の手入れは?

「入れ歯」は天然歯より汚れがつきやすいものです。
食べたらすぐ洗う事がのぞましいです。特に、バネのあるものは丁寧に洗ってください。また、一日一回は柔らかい毛のブラシで中性洗剤を10倍に薄めた液の中で洗い、その後よくすすいで清潔にしましょう。
そして「入れ歯」だけでなく「入れ歯」に接している自分の歯、バネがかかっている歯は特に気をつけて、よく歯ブラシをかけてください。顎や歯肉の部分は柔らかい毛のブラシでマッサージをしましょう。

寝る時には「入れ歯」をはずしましょう

「入れ歯」を支えている顎や歯を休ませて、自然の状態にもどして組織の回復を待ちましょう。
入れっぱなしは顎の骨の吸収を早めます。はずした「入れ歯」は乾燥を嫌いますので、水に入れるか密封容器に入れておくといいでしょう。

定期検査は?

口の中は少しずつ変化していきます。
むし歯、歯の動き、歯肉の腫れ、骨の吸収等の発見は、早いほうが良いのです。
6ヶ月に一度の診査を受けることをおすすめいたします。
お口は食器と同じです。食べたらすぐに洗いましょう。

何か分からないことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

上に戻る

一般歯科矯正歯科歯科口腔外科顎関節症審美歯科咀嚼・嚥下障害インプラント在宅診療
コンセプト院長紹介スタッフ紹介診療時間・アクセス医院施設のご紹介
口腔メンテナンス予防歯科歯周病予防むし歯予防Q&A

岩手県花巻市桜町4丁目234番1号
TEL 0198-23-7623 FAX 0198-23-7634

Copyright:(C)2000-2007 KOBAYAKAWA DENTAL CLINICAll Rights Reserved.