診療のご案内

ホーム>診療のご案内>歯科口腔外科>ドライマウス

診療のご案内

医院のご案内

医院のご案内

医院のご案内

ドライマウス

あなたのお口は大丈夫?

最近、年齢に関係なく、口の渇きや唾液が出ないといったドライマウス(口腔乾燥症)を訴える人が増えてきています。下の項目に3つ以上あてはまるようでしたら、ドライマウスが疑われます。

●気がつくと口で呼吸している。
●食べ物の味がしない、味覚が変わった。
●食べ物が噛めない、うまく飲み込めない。
●口の中がべたつき、のどが詰まったような感じがする。
●口の中がカラカラ、ネバネバして水分が手離せない。
●口臭を強く感じる。
●舌がひび割れて痛い。
●舌がからまり話にくい。
●歯磨きをしていても虫歯や歯周病になりやすい。
●常に飲まなければならない薬がある。
●いつも忙しくほっとする時間がなく、飲酒の機会も多い。

ドライマウスの原因は?

ドライマウスは現代病の一種です。原因は主に、年齢が増すことによる機能の低下、高血圧、心疾患、免疫が働かない病気などで薬を服用する、ストレス、口呼吸などで起こります。

まずはお口の中の状態を診てもらいましょう!

自覚症状がなくてもドライマウスのことがあります。何でもないからと放っておくと、むし歯や歯周病、口臭なども悪化します。チェック項目にチェックがつく方は、まずはご相談下さい。唾液の分泌やお口の水分などは、簡単な検査でわかります。お口の健康は、体全体の健康と深く結びついています。

対応策

・水分をまめに補給しましょう。
・お口の乾燥を防ぐ保湿剤を利用しましょう。
・内科の先生と、お薬の種類について相談することも必要です。
・唾液を出しやすくするお口のリハビリトレーニングをしましょう。(唾液腺マッサージ)
・口呼吸を改善する口腔の筋肉を鍛えるトレーニングをしましょう。(リップトレーニング)
・夜更かし、深酒、喫煙などの生活習慣を改め、栄養を考えた生活を送りましょう。
・洗口剤や歯みがき剤も、刺激の少ないものを選びましょう。

歯科口腔外科一覧に戻る上に戻る

一般歯科矯正歯科歯科口腔外科顎関節症審美歯科咀嚼・嚥下障害インプラント在宅診療
コンセプト院長紹介スタッフ紹介診療時間・アクセス医院施設のご紹介
口腔メンテナンス予防歯科歯周病予防むし歯予防Q&A

岩手県花巻市桜町4丁目234番1号
TEL 0198-23-7623 FAX 0198-23-7634

Copyright:(C)2000-2007 KOBAYAKAWA DENTAL CLINICAll Rights Reserved.