診療のご案内

診療のご案内>顎関節症

診療のご案内

医院のご案内

医院のご案内

医院のご案内

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)とは?

顎関節痛

●食べるとき、アゴが痛くて食べられない
●物を咬むとアゴが痛い。

開口障害

●口を開けるとアゴが痛い。
●大きく口が開けられない。

顎関節雑音

●アゴがコキン、コッキン、ゴリガイ、ガサガサという音・感覚がする。
●口を開けるときアゴが音をたてる。

その他

●特別の原因もないのに、頭痛、耳鳴り、肩凝り、手足のしびれなどの慢性症状。

上に戻る

これらを総称して「顎関節症」と呼びます。

顎が変だと、なんでも顎関節症? (顎の病気には、以下のような鑑別が必要です)

発育異常

●下顎関節突起欠損・下顎関節突起の発育不全・下顎頭の肥大・先天性二重下顎頭

外傷

●関節内損傷(捻挫)・顎関節脱臼・下顎関節突起骨折

炎症

●化膿性顎関節炎・リウマチ性顎関節炎・外傷性顎関節炎・変形性顎関節症

腫瘍

●良性腫瘍・悪性腫瘍

顎関節強直症

上に戻る

正常な顎関節と顎関節症の例

正常な場合の顎関節の動き●1

下顎頭が下顎窩からはずれ、前に移動しながら回転することによって、口を大きくあけることができます。

 

 

 

 

正常な場合の顎関節の動き●2
口を閉じたときの下顎頭と関節円板の位置は、関節円板は上下の骨のクッションとなっています。 口をあけたときの下顎頭と関節円板の位置は、下顎頭と共に、関節円板も前方へ移動します。
そのため、関節円板は下顎頭以外の部分へとゆるやかに連結しています。

上に戻る

顎関節症の状態
雑音の発生機序 (クリック)
 
開口障害の発生機序 (ロック)
関節円板前方転位
変形した関節円板の下を下顎頭がくぐりぬけるときに「カクン」と音が出る。
さらに変形が強く起こった場合、変形した関節円板を下顎頭がくぐり抜けられなくなる

 

治療用スプリントの種類
スタビライゼーション型スプリント
治療前・正面写真
 
治療後・正面写真

 

前方整位型スプリント
治療前・正面写真

 

ピポット型スプリント
治療前・正面写真
 
治療後・正面写真

上に戻る

一般歯科矯正歯科歯科口腔外科顎関節症審美歯科咀嚼・嚥下障害インプラント在宅診療
コンセプト院長紹介スタッフ紹介診療時間・アクセス医院施設のご紹介
口腔メンテナンス予防歯科歯周病予防むし歯予防Q&A

岩手県花巻市桜町4丁目234番1号
TEL 0198-23-7623 FAX 0198-23-7634

Copyright:(C)2000-2007 KOBAYAKAWA DENTAL CLINICAll Rights Reserved.