診療のご案内

iトップ>診療のご案内>歯科口腔外科>口臭

診療のご案内

医院のご案内

医院のご案内

医院のご案内

口臭

口臭とは?

においの感覚は特殊なもので、自分自身の口臭は自分ではなかなか気がつかないものです。呼吸や会話で吐き出した息が、他人の鼻で不快に感じられたならば口臭となります。
口臭の原因の約90%は、口腔内にあるといわれ、さまざまな細菌が繁殖して引き起こされると考えられています。むし歯や歯周病など口の中の病気や、その原因でもある細菌の塊(歯垢)は、口臭の代表的な原因です。
朝起きたときや空腹時には、一時的に口臭が強くなります。
女性の生理妊娠中あるいは成長期など、ホルモン変化の激しい時期にも口臭が強く感じられます。
丁寧にブラッシングをして口の中を清潔にして下さい。口の中を不潔にしておくと、舌の上に苔のようなものが溜まり(舌苔)、これも口臭の大きな原因になります。
また、唾液には細菌の繁殖を抑える自浄作用があります。従って唾液の分泌量が少なくなると、口臭が発生しやくすくなります。(緊張時やストレスなども、唾液の分泌量が少なくなる原因のひとつです。)
また歯みがきをしっかりしていても口臭が指摘されるようなときは、胃腸や肝臓などの内科的な病気や免疫に関係した全身性の病気(特殊な細菌感染)が疑われます。鼻やのどの病気、口呼吸などでもお口が臭います。
口臭のチェックは、全身の健康チェックにつながります。

口臭チェック方法
●朝起きてすぐ、乾いたコップに息を吐きためてニオイをかぐ
●舌苔(舌につくコケ)がついていないか鏡で確かめる
●歯科医院で、口の中の細菌や口臭をチェックしてもらう
※自臭症(実際にはないのに、口臭があると思い込んでいる)の方も少なくないので、歯科医院でチェックしてもらいましょう。最近では、口臭測定器も開発されています。

上に戻る

どうすれば口臭を予防できるの?

お口の臭いの原因は様々です。お口に発生源のある口臭の予防策です。

・むし歯や歯周病の治療

口臭も口の中を清潔に保ち、むし歯歯周病などを治療して、歯科医院での定期的なチェック、ケアを受けることによって予防が可能です。
むし歯や歯周病にかかりやすいお口には、細菌がたくさんいます。きちんと治療を受けて病気のないお口にしましょう。お口の環境を整え、病気になりにくくしておくことは、口臭の発生を予防します。

・歯科医院での定期健診と適切なホームケア

自分だけではどうしても磨き残しができます。専門家の手で、定期的にプラークを取り除きましょう。また、口呼吸解消のリップトレーニング指導を受け、適切なホームケアを心がけることも大事です。

・その他

食後の歯磨きや緑茶を飲むこと、臭いの強い食品を食べたあとには牛乳を飲むなどのちょっとした工夫で、臭いの発生を防ぐことができます。
レモンや梅干などは、細菌の腐敗を防ぎ、唾液の分泌を高めお口の浄化作用を促します。

歯科口腔外科一覧に戻る上に戻る

一般歯科矯正歯科歯科口腔外科顎関節症審美歯科咀嚼・嚥下障害インプラント在宅診療
コンセプト院長紹介スタッフ紹介診療時間・アクセス医院施設のご紹介
口腔メンテナンス予防歯科歯周病予防むし歯予防Q&A

岩手県花巻市桜町4丁目234番1号
TEL 0198-23-7623 FAX 0198-23-7634

Copyright:(C)2000-2007 KOBAYAKAWA DENTAL CLINICAll Rights Reserved.