診療のご案内

ホーム>診療のご案内>歯科口腔外科>口腔癌検診

診療のご案内

医院のご案内

医院のご案内

医院のご案内

口腔癌検診

口腔癌とは?

口の中にできる癌(がん)を総称して口腔癌と呼びます。
日本では口腔癌は癌全体の約2%程度です。
口腔癌には、 舌にできる舌癌、舌と歯ぐきの間にできる口腔底癌、歯ぐきのにできる歯肉癌、頬の内側粘膜にできる頬粘膜癌、口の天井部分にできる硬口蓋癌があります。
最も発生しやすいのは舌癌といわれています(約60%)。また、口腔癌は50才以上の高齢者に多く、若干ですが、女性よりも男性が患者数が多い傾向にあります。
口腔癌は、比較的、口腔内(口の中)が不衛生な人、虫歯や義歯で常に舌などに刺激がある人が多いようです。
また、熱い食べ物や辛い刺激の強い食べ物を好んで食べる人の発生も多い傾向にあります。

口腔癌の症状

一般的には初期の癌では痛みや出血などはなく、硬いしこりが触れるのみの場合が多いです。なかなか治らない口内炎の場合も注意が必要です。 症状が悪化すると、硬いシコリが触れ、冷たい物や辛い食べ物、すっぱい食べ物などがしみたり、痛みを感じるようになります。がんが大きくなってくるとできた場所にもよりますが、腫瘤が目でみえたり、触れたりできます。食事が食べにくくなったり、腫瘤から出血をすることもあります。

下記の該当項目に心当たりのある方、不安な点がある方は当院にて一度検診を受けられることをおすすめいたします。

口腔癌チェック項目
●口の中にただれがある
●白いできものがある
●治りにくい口内炎がある
●口の中の粘膜がしみることがある
●口の中にしこりがある
●口の中の皮膚がはがれることがある
●舌がぴりぴりすることがある
●舌がざらざらする
●顎の下のリンパ腺が腫れている
●飲み込むときに違和感がある
●親知らずのまわりが腫れることがある
舌癌
 
頬粘膜癌
 
治療後・正面写真

 

歯科口腔外科一覧に戻る上に戻る

口腔癌の予防

予防法としては、次にあげる危険因子を減らすことです。
●刺激物(特に、たばこ、アルコール)を控える
●口の中を清潔にする
●口の粘膜に慢性の刺激を与えない
(合わない入れ歯、歯のとがった角、破損したかぶせ物などによる慢性的な刺激)

口の中は、鏡などで見ることができる場所です。セルフチェックしてみてください。
他の癌と同様に、早期発見、早期治療こそが口腔癌の治療にとって最も大切です。
また、不安な方はお気軽にご相談ください。

歯科口腔外科一覧に戻る上に戻る

一般歯科矯正歯科歯科口腔外科顎関節症審美歯科咀嚼・嚥下障害インプラント在宅診療
コンセプト院長紹介スタッフ紹介診療時間・アクセス医院施設のご紹介
口腔メンテナンス予防歯科歯周病予防むし歯予防Q&A

岩手県花巻市桜町4丁目234番1号
TEL 0198-23-7623 FAX 0198-23-7634

Copyright:(C)2000-2007 KOBAYAKAWA DENTAL CLINICAll Rights Reserved.