診療のご案内

ホーム>診療のご案内>一般歯科(むし歯歯周病

診療のご案内

医院のご案内

医院のご案内

医院のご案内

むし歯 歯周病

むし歯

むし歯の原因は、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。細菌たちは自分が作り出したネバネバした物質で膜をつくり、その中で繁殖しながら歯の表面にしっかり定着しています。微生物が作り出した物質を保護膜にしながら固形物に付着して集団生活していることを「バイオフィルム」といいますが、歯垢(プラーク)もバイオフィルムです。
むし歯を予防するためには、原因となっている歯垢(プラーク)を取り除くことが重要です。歯磨きなどセルフケアはもちろんのこと、むし歯予防、スケーリング、ルートプレーニング、PMTCなど専門家による処置とケアが大切です。

根管治療

むし歯がC3(歯髄まで侵入)まで進行してしまったら、歯髄の腫れが神経を圧迫し、痛みは強烈です。歯が浮いたり、咬み合わせることもできないほど頬が腫れてきたりします。こうなると、もう歯髄は救えません。でも、歯そのものを抜く必要はまだありません。根管治療(死んだ歯髄や汚れた象牙質をとる治療)をきちんと行えば歯を助けることができます。

治療の方法

むし歯が歯髄まで進行。
膿が溜まっています。

 

根管治療をはじめます。

根管充填をします。

土台を造り、クラウンをかぶせます。

 

上に戻る

歯周病

歯周病は、歯周病細菌(主に嫌気性菌)の感染によって生じる慢性炎症性疾患です。
口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。細菌たちの生活様式はさまざまで、一人で生活している者もいれば、集団で生活している者もいます。細菌がまるでテントを張って集団生活している状態をバイオフィルムといいます。このバイオフィルムとは、私たちが毎日、目にしているプラーク(歯垢)のことです。プラークとは食べカスのようにみえますが、実は歯周病菌や虫歯菌をはじめとする微生物のかたまりです。プラーク1mgにはなんと1億もの細菌が含まれているといわれています。 歯周病はそんなプラークが、歯と歯肉の間のミゾ(歯肉溝)にたまり、歯肉に炎症を起こす病気です。そのまま放置していると、歯垢は歯磨きで取れない歯石に変化します。そして、歯石は歯垢を付着しやすく、ますますお口の状態は悪化します。 やがて、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまいます。歯周病は痛みもなく静かにしのびよりいつの間にか歯はグラグラとなり、抜けてしまうコワイ病気なのです。
→歯垢をなくすには

歯周病の進行と治療

− 軽度 −

歯肉が赤く腫れ、歯を支える歯槽骨が吸収しはじめます。
この歯肉の炎症を「歯肉炎」といいます。

−対処−

正しいブラッシングの指導(スケーリング除去)をうけてを実行します。
あなたのがんばりで治ります。

− 中度 −

歯肉と炎症が進み、歯を磨くと出血します。また指で押すと膿が出ることもあります。いわゆる歯槽膿漏の状態で「歯周炎」ともいいます。

−対処−

正しいブラッシングの指導をうけて実行します。
平行して治療(スケーリング・ルートプレーニングなど)も行います。

− 重度 −

出血はますます酷く、口臭がします。歯槽骨の吸収も進みます。そのため歯と歯の間に隙間ができたり、歯が長くなったように見えたりし、歯並びが変化します。

− 最重度 −

歯槽骨はほとんど吸収され、歯がグラグラします。そのままでは、歯が何本も抜けてしまいます。

−対処−

正しいブラッシングの指導をうけて実行します。
平行して治療も行いますが、抜歯が必要な場合があります。

 

上に戻る

一般歯科矯正歯科歯科口腔外科顎関節症審美歯科咀嚼・嚥下障害インプラント在宅診療
コンセプト院長紹介スタッフ紹介診療時間・アクセス医院施設のご紹介
口腔メンテナンス予防歯科歯周病予防むし歯予防Q&A

岩手県花巻市桜町4丁目234番1号
TEL 0198-23-7623 FAX 0198-23-7634

Copyright:(C)2000-2007 KOBAYAKAWA DENTAL CLINICAll Rights Reserved.